本のレシピをスキャンアプリとPCでテキスト化する方法(修正版)

先日、図書館で借りたレシピ本をスマホとPCを使って活用する方法を説明しましたが、その応用編で、スキャンアプリとPCを使ってテキスト化する方法を説明します。

図書館で借りたレシピ本の気に入ったレシピを、1つ1つ手入力して保存する方法もありますが、2、3つならまだしも、本1冊まるごととなると、さすがに無理です。

そういう場合は、スキャンアプリを使うと便利です。
前回はスマホの標準のカメラアプリを使ってレシピ本を撮影しました。
もちろんそれでも問題ないのですが、本によってはスキャンアプリを使ったほうがきれいな場合があります。

たとえば iPhone のカメラだと…

スキャンアプリを使うと…

明らかに全然違いますね。

どのスキャンアプリでもいいですが、前回も紹介した「Scannable」を使います。

「Scannable」の使い方

①「Scannable」を起動します。

②すると、すぐにスキャンが始まります。
(起動時は自動モードになっています)
すぐに撮影が完了する場合もありますが、なかなかスキャンが終わらないこともあります。

左下の設定アイコンをタップすると、「Capture/AUTO」で自動撮影、「Capture/MANUAL」で手動撮影にできます。

私は手動撮影にしています。

③撮影が完了し、それでよければ、次の撮影が始まります。
もしトリミングが必要なら、下に移動した写真をタップして呼び出します。
すると、4つの編集ボタンが出てきます。


90度回転や切り取りなどがあります。

④トリミング(切り取り)
クロップボタンをタップすると、こんな感じになります。


希望の枠になるように調整します。

⑤「SAVE(保存)」と「SEND(送信)」
まず、画像にするのか、PDFにするのかを選択します。
次に保存するのか、他のアプリに送信するのかを選択します。

「SAVE(保存)」はカメラロール内への保存か、Evernote に保存かを選択できます。

「SEND(送信)」をタップすると、下のような画面に切り替わり連携アプリに送信することができます。
(次にPCでの作業が必要になるので、Dropbox を選びました)

【注意】

この「Scannable」に限らず、スキャンアプリは基本的に文字をスキャンすることに強みがあります。
もちろん写真もスキャンできますが、写真によっては色味が変わってしまうことも多いです。
いろいろ試されることをお勧めします。

PDFや画像内の文字をテキスト化する「Copyfish」

ここからはPCを使って作業します。

以前、PDFや画像内の文字をテキスト化してくれる「FREE ONLINE OCR」を紹介してたのですが、変換の精度があまり良くなく、今回は別のサービスを使うことにします。

①ブラウザ Firefox のアドオン「Copyfish」を使います。
(Firefox を使用されてない方はインストールしてください)

②アドオン「Copyfish」をインストールします。

③インストールが完了したら、変換させたい画像をウィンドウ内にドラッグ&ドロップします。
すると、画像が表示されます。

④次に、ツールバー内の魚のアイコンをクリックします。
すると、「変換させたい範囲を指定してくれ」という表示が出ます。

⑤範囲指定をすると、すぐに変換が始まって、下に結果が表示されます。

⑥画像と表示された内容を見比べながら修正もできます。
修正が終われば、その内容をコピペすれば完了です。

横書き、縦書き両方とも変換可能です。
大幅な手直しが必要だと、一から手入力した方が結果的に早いかも、と思いましたが、今のところそんなにひどい変換はありません。

漢字や画質、文字の大きさなどによって変換の精度はまちまちですが、「FREE ONLINE OCR」よりは精度はいいと思います。
ただし、100%の精度でもないので修正は必要です。

まとめ

確かにいくつもの手順が必要なので、お世辞にも使い勝手がいいとは言えませんし、変換も一度に1つずつしかできないことを考えるとかなりめんどくさいですが、どうしてもテキスト化して保存したい場合は便利です。

テキスト化するメリットは、なんと言っても検索できることです。
レシピ本のままだと目で探すしかありませんし、複数の本からレシピを探すとなると大変です。
ただ、変換の作業にも手間がかかってしまうので、どちらが効率がいいかと言われるとどっちもどっちですが…