ケンタロウ

読書メーターでケンタロウ本レビューを読んでみた/1003レシピ編

ケンタロウ本を読んだ人の感想を読むのにハマってます。
「簡単でわかりやすい」や「買ってよかった」が多いですが、中には映画化できそうなくらいストーリーを感じるレビューもあって、レシピ本の感想なのに読んでてドキドキします。

「レシピ本はおいしそうな写真がないと作る気にもならない」と言ってる人がいました。
わかります。
確かにレシピ本で写真がないよりはあったほうがわかりやすいですが、この「1003レシピ」は写真がなくても問題ない本ですし、なくても大丈夫と判断したから、ないんです。

推理小説に写真がないと読む気がないと言ってるのと同じで、私には想像力がないと言ってるようなものです。
いかに作ってるシーンを想像できるかです。
料理には段取り力が問われますが、それはつまり逆算の想像力です。

パスタが茹で上がる前には何をしておかなくてはならないのか、さらにその前には…と、料理は逆算の連続です。
茹で上がってからソースを作ってたら間に合いませんし、完成してからお皿を探していたら伸びきったふにゃふにゃのパスタを食べることになってしまいます。

その一方で「写真がないのに楽しい」と言う人もいます。
この人は上級者です。
作り甲斐がある、の上をいってます。
料理の楽しみ方を知ってる人は、食材を見ただけでどう料理しようかというアイデアがどんどん浮かんできます。
レシピを見ただけで楽しみと思えるのは、すでに景色が見えています。
景色を見てから「キレイね」と言う感想は普通ですが、想像力がある人は見る前から「きっとキレイね」と言えます。

「写真がないからつまらない」と言う人より「写真がないのに楽しい」と言える人の方が人生をより楽しんでる感じがします。
「ちょっとわかりにくいけど、それはそれで楽しいね」と言えるかどうかです。
「写真はないけど、私の頭の中にはもう出来上がってる」とパパッと作り始めるのを、ケンタロウさんも期待してるはずです。

ケンタロウ1003レシピ 感想 ケンタロウ – 読書メーター

コメントを残す