ケンタロウ

NHK「きょうの料理」でケンタロウさんが海産物加工場を取材

きょうの料理スペシャル
ケンタロウのメシタビ 石川県 冬の味 ーいしる鍋ー
放送日:2009年2月17日
18日:ー大根ずしー

料理研究家のケンタロウさんが、冬の石川県からおいしい地元の味を紹介するシリーズ。

1日目は、能登半島の名物「いしる鍋」。
魚介のうまみたっぷりの温かい鍋を味わう。

「いしる」はいわしやいかを発酵させて作る能登伝統の魚しょう。
これで野菜や海藻、魚介類を煮こんだものが「いしる鍋」だ。
輪島ではいわし、能登ではいかでつくったものが好まれる。
2つの「いしる」の味わいの違いと地元の人々のこだわりを紹介する。

2日目は金沢を訪ね、冬の食卓に欠かせないおふくろの味「大根ずし」を味わう。
「大根ずし」は大根とご飯を加えた麹、にしん、にんじんなどの具を漬け込んだもの。
金沢の正月の伝統料理「かぶらずし」の庶民版で、野菜と動物性たんぱく質があわせてとれる優秀な冬の保存食だ。
家庭ごとに異なるわが家の味のあたたかさに触れる。

↓1日目の撮影レポート
能登半島小木港の海産物加工品製造販売カネイシ
NHK「きょうの料理」にカネイシの「いしり」が紹介されます (イカの町、能登半島小木港のカネイシです)

コメントを残す