ケンタロウ

Q&Aサイトの「料理嫌いから、なぜ料理好きになったのか」に答えてみた

「料理は好きじゃないけど、なんとかしたい」と質問してる人がいました。

料理嫌いから、料理好きになった人への質問です

まず「恥ずかしい質問」「趣味を頑張ってる」と言ってます。
まったく恥ずかしくないですし、趣味も頑張るもんじゃないです。
この2つだけ見ても、この質問者はかなり真面目で曲がったことが嫌いな人と思われます。

頭で考えてるだけでちっとも行動しない人はよくいますが、この人はちゃんと行動しています。
もうその時点で半分以上問題は解決しています。
しかも普通の人よりよっぽど向上心がありますし、相当な努力家です。
「料理が好きではない」と言いながら、受講料払ってまで料理教室にはなかなか通えません。
自分を責める必要はまったくないです。

料理は経験値が大事です。
1回作ってダメでも、2回3回4回と作っていくと経験値が上がっていきます。
その積み重ねです。

きっかけなんてそれこそ人それぞれだし、その人にしかわからないので聞いたところで参考にはならないです。
それより、まず自分の経験値を上げましょう。

「料理はめんどくさい」と感じるなら、料理のどの作業の何がどうめんどくさいのか、徹底的に分析しましょう。
それも経験値につながります。
スポーツ選手が自分の弱点を分析するのと同じです。
苦手な部分がわかれば、あとはその対策をすればいいのです。
「なんとなくめんどくさい」のと「これとこれがめんどくさい」は次元がまったく違います。
自分は何がめんどくさいと思ってしまうのかわかることが大事です。

「理屈っぽく考えてしまう」とも言ってます。
じゃ、それを利用して、思いっきり理詰めで料理すればいいのです。
ある意味料理なんて科学です。
どの食材をどう調理すればどういう状態になるのか、分析すればいいのです。
料理とは思わずに実験と考えるのです。

たとえば、醤油と砂糖とみりんと酒を使うレシピなら、それぞれの調味料「あり」と「なし」の違い、量の増減、入れる順序、タイミングなど全部の組み合わせを作って食べてみて、その気づきを事細かにノートに書いていけば、まさに理科の実験そのものです。
しかも経験値はグンと上がります。
わざわざ高いお金を出して料理教室に行く必要もないです。

得意レシピを見つけるのも大事です。
その時に注意なのはあれもこれも広げないことです。
最初は得意レシピは1つだけでいいです。
ついたくさん得意レシピを広げたくなってしまいますが、まずは1つにしましょう。
その代わり、その1つは徹底的に作り込みましょう。
そのレシピが自分のものになる頃にはだんだんとコツやアレンジの仕方もわかってきます。
コツがわかることイコール経験値が上がった証拠です。
アレンジの仕方が見つければ、さらにアレンジの幅が広がり、網目状に料理のレパートリーが増えていきます。

実はこの質問は今から10年以上前に書き込まれたものです。
この30歳独身女性は交際中の彼と結婚したのでしょうか。
その後料理は好きになったでしょうか。
もし好きになったのなら、そのきっかけはなんだったでしょうか。

ケンタロウ本を勧めてくれた人は、今でもケンタロウさんのことが好きでしょうか。
いろいろ聞いてみたいです。

コメントを残す